夢は笑顔が素敵な保育士になること

保育や福祉の知識や技術を習得し、保育現場に即した実践力、応用力を身につけます。「保育士」の資格を取得し、地域の保育所・施設への就職を目指します。

コース概要

こども福祉科 2年制/定員45名
こども福祉の知識や技術を習得し、保育現場に即した実践力、応用力を身につけます。「保育士」の資格を取得し、地域の保育所・保育園への就職を目指します。また、東京福祉大学短期大学部通信教育課程との併修により、2年間で短大卒業と同時に「幼稚園教諭2種免許状」の資格を取得し、幼稚園・認定こども園への就職も可能となります。

主な授業紹介

保育原理


保育の意義を理解し、保育の基礎・基本を学び、自らの保育観や子ども観を構築します。

音楽表現


ピアノ初心者にも丁寧に指導します。保育現場でよく行うピアノを弾きながら子どもたちと一緒に歌うといった実践的な技術も身につけます。

保育の表現実技


子どもの遊びを豊かに展開するために、身体表現・音楽表現・造形表現・言語表現等の表現に関する知識や技術を習得します。

保育実習


保育現場での実習を通して保育指導案や実習日誌の書き方を学ぶとともに、保育の実践力を身に付けます。

乳児保育


赤ちゃんって意外とおもたい!子育ての楽しさやむずかしさなど乳児の発達をとおして学んでいきます。

栽培活動


命を育てる事の楽しさ、やりがいを実体験を通して学びます。命や食の恵みに感謝する、保育の基盤を身に付けます。

こども福祉科 教員あいさつ

こども福祉科 主任

舟木 賢治




1974~旭川医科大学・教務職員
1983~鳥取大学医学部・助手
1989~Chemical Industry Institute of Toxicology(USA客員研究員として、肝臓がんの研究に従事。)
1998~島根大学教育学部助教授
2007~島根大学教育学部准教授
2009~島根大学教育学部教授
島根大学を定年退職し、現職、現在に至る。

あいさつ

 現在の日本は、著しい少子高齢化社会となり、深刻な労働力不足が懸念されています。その対策として、女性の社会進出を積極的に推進するために、子どもを安心して預けられる保育施設の増設と専門性をそなえた保育士の養成が緊急の課題となっています。保育士は、人間形成の基礎が培われる乳幼児期の子どもの保育に携わるだけではなく。子育てについて保護者への適切な支援・指導を行わなければなりません。また、対人援助職である保育士には、日々の保育における子どもと保護者との関りとの中で、状況に応じ、倫理観に裏付けられた判断をしていくことが求められています。出雲コアカレッジこども福祉科では、保育経験・教育経験の豊富な教員による行き届いた指導のもとで、専門的な知識や技術を修得するだけでなく、斐川平野の自然豊かな教育環境の中で、豊かな人間性を涵養し、子どもと同じ気持ちになって保育活動に取り組む姿勢を身につけます。授業では、近隣の保育施設と連携した保育実践を積極的に取り入れることにより、保育現場に即対応できる実践力をそなえた保育士の養成をめざします。“未来をになう子どもたちの育ちに関わり、その成長を見守ることができる”というやり甲斐のある保育士をめざして、出雲コアカレッジこども福祉科で学んでみませんか。

こども福祉科 専任講師

佐々木 明美

専門分野

 幼稚園教育、保育実践・実習、造形活動実践

担当科目

 保育内容「言葉」、保育内容「表現」、幼児教育方法論、保育内容総論、教育課程論、教育法規等

自己紹介

 島根生まれの生粋の島根育ちです。公立の幼稚園で40年、島大での4年幼児教育の世界に携わってきました。「遊び屋」がモットーです。子どもと遊ぶことが大好きです。よろしくお願いいたします。

保育士を目指す人へのメッセージ

 幼児教育の世界で学んだことを学生の皆さんに生でお伝えしたい。そして、現代社会の生き苦しさの中で生き抜いていく島根の子どもたちのための保育の充実とともに、学生の皆さんの資格取得に向けて一緒に取り組んでいきましょう!

こども福祉科 専任講師

岡崎 由美子

専門分野

 幼児教育

担当科目

 保育者論、乳児教育、子どもの音楽、人間関係、環境、言語表現、保育課程論

自己紹介

 遊び大好き?!十年、保育の世界で?!十年、アマチュアオーケストラでCBを引くことはや?十年・・・そんなこんな、楽しく面白い毎日を過ごすことをめざしています。

保育士を目指す人へのメッセージ

 いつも笑顔を忘れないで!!
 保育の世界もオーケストラで弾くということもとても奥深く相通じるものがあります。これから保育をこころざすみなさんと一緒にここちよい響きを探し求め、学び合っていきましょう。

こども福祉科 専任講師

持田 陽子

専門分野

 社会福祉

担当科目

 社会福祉、児童家庭福祉、相談援助、社会的養護、社会的養護内容、家庭支援論

自己紹介

 社会福祉が専門とはいえまだまだ研究途中の私です。「福祉とはなにか?」を今後も探求していきます!

保育士を目指す人へのメッセージ

 なぜ保育士養成課程において社会福祉を学ぶ必要があるのでしょうか?奥深き福祉の世界を一緒に探求しませんか?

こども福祉科 専任講師

杉本 真衣子

専門分野

 保育実習指導

担当科目

 保育実習指導、保育システム、こどもと遊び

自己紹介

 通勤の車内から外の景色を眺めるのが好きで、癒されています。特に自然の中の道端の草花を見るのが好きで、最近ささやかながらもガーデニングに挑戦しています。まずは枯れることなく花が咲いてくれますように!!

保育士を目指す人へのメッセージ

 保育士は日々成長する子供たちと関わりながら一緒に遊び、笑い、時には立ち止まり考えながら、子供と一緒に自分自身も成長できる仕事だと思います。楽しいだけではなく、大きな責任も担いますが、とてもやりがいのある感動の仕事です。夢に向かって頑張る学生さんを応援しています。!!

こども福祉科 専任講師

久保田 智子

専門分野

 心理学

担当科目

 保育の心理学Ⅰ・Ⅱ、障がい児保育

自己紹介

 こどもの発達や保護者支援について主に研究しています。新たな発見や気づきがたくさんあり、日々勉強!です。

保育士を目指す人へのメッセージ

 保育士は子どもや保護者と共に日々成長できる素敵な仕事です。ぜひ、一緒に楽しく学びましょう。

出雲コアカレッジ 応援メッセージ

20160805ouen

「ふれあいの庭」~コアパーク~

カリキュラム

一般教養

専門科目

選択必須科目

英語保育原理子どもの世界
体育基礎教育原理子どもの発達と環境
体育実技児童家庭福祉幼児と遊び
保育の歴史と法保育の心理幼児と生き物
情報処理子どもの保健リズム表現
子どもの食と栄養
家庭支援論
保育内容
乳児保育
障がい児保育
表現技術
保育実習

取得目標資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭2種(取得可能)
  • コンピューターサービス技能評価試験(取得可能)

目指す職種

  • 保育士
  • 幼稚園教諭

子どもが好きなあなたをお待ちしています